5度目のデモ ~Kazaguruma Demo 2017~

2017年3月11日、東日本大震災から6年が経ちました。
未だに故郷に帰れない人がいます。
生まれ育った家が地震や津波で壊されなかったにも拘わらず家を壊すという選択を余儀なくされている人達がいるそうです。福島第一原発から一番近い場所で4キロしか離れていないのに政府が避難指示区域を解除する為、家を残していると税金が掛かってしまうからだそうです。
詳しくはこちらを↓
福島浪江町の空にドローンを飛ばす人

福島から避難して引っ越した先で子どもがいじめられ…という報道も何件かありました。
生まれ育った場所を離れ、家庭によっては家族と離れて避難生活をする、それだけで子どもにとって大きなストレスなはずなのに、避難先でいじめを感じたという子どもの割合は64%だそうです。
原発さえなければこんなことにはなっていなかったのに…と思いとても悔しいです。
e0371304_2232183.jpg

事故がなくても、廃棄物や廃炉の問題、そしてそれらにかかる費用の問題などを未来に丸投げしている現状は有り得ません。
自分達の手に負えない物を使い、負の遺産を残す物を使うなんてどう考えてもおかしいです。
e0371304_2232135.jpg

子ども達の為にもこの状況をなんとかせねばと1人の勇気と行動力のあるベルリン在住の日本人女性が幼い子どもを連れて「デモをしたいんです」と警察を訪れ始まったベルリンでの反原発デモ。
第1回目の2013年3月はとても寒い日でしたが生後4か月のクマ太と一緒に参加しました。
e0371304_2232230.jpg

代替エネルギーの代表である風力発電にちなんでかざぐるまを持って歩く「かざぐるまデモ」。
主にベルリン在住の日本人達で構成されるSayonara Nukes Berlin(SNB)というグループがオーガナイズしています。
皆さん本業のあるお忙しい方達ですが、デモの準備だけではなく勉強会、講習会、映画の上映会、写真展など様々な場をアプローチからなぜ原発はいけないのかということを学ぶ場を提供してくださっています。
SNBのサイトには勉強会の内容など分かり易く載っています。
http://sayonara-nukes-berlin.org/
e0371304_2232090.jpg

去年の4回目のデモまでクマ太と共に全て参加しました。
私に連れられて参加していただけだと思っていましたが、去年は彼から「デモって何?」「原発って何?」「なんで原発はダメなの?」という質問が出て、私なりに答え彼なりに理解してくれたからか今までとは違い積極的にデモに参加してくれとても嬉しかったです。
e0371304_223223.jpg

残念ながら今年は日本に居るのでベルリンのかざぐるまデモには参加できませんでしたが、今年もベルリンの皆さんが頑張ってくださったようです。
e0371304_2232331.jpg

私達もベルリンに戻ったらデモに参加したいですが、それまでにデモの要らない方向に日本が舵を取ってくれることが一番です。
e0371304_223234.jpg

私達の願いが届きますように!
未来を良いものにしてゆけますように!

*写真は全て今年の3月11日に行われたデモの様子で、フォトグラファーのTsukasa Yajimaさんの撮影です。


物事が良い方向に進んでいきますように!と応援クリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
[PR]
by kumafamilie | 2017-03-12 23:55 | イベント | Comments(2)
Commented by himekagura at 2017-03-16 17:15 x
震災からもう6年なんですよね。早いなあ、、って思います。福島には仲良しなお友達がいるので、いつも福島の事は気になってます。問題はいろいろ複雑ですよね。
Commented by kumafamilie at 2017-03-16 22:50
♪himekaguraさん
いろんな報道がありいろんなことを考えさせられた6年でした。himekaguraさんはお友達がいらっしゃるのですね。私が感じるのとはまた違う思いがおありだと思います。
今まで知らなかったこと、見過ごしていたことを知ることができ、微力でも私にできることをしていきたいと思っています。
<< ホワイトデーに贈るのは ~We... 嬉しい日曜日 ~Sonntag... >>